LCCピーチ・エアアジアジャパン・ジェットスタージャパンの将来展望目

格安旅行、国内・海外ツアーパックなど選択肢が増えるかも?LCC各社の航空機拡充は、エアアジア・ジャパンが16年末までに30機、ジェットスター・ジャパンが14年末までに24機、ピーチ・アビエーションが16年度末までに20機以上に増やす計画。 同一の航空機を1日あたり5〜7回飛ばし、3社合計の1日あたり便数は現在の100便程度から460便以上になる。

2012年09月15日

パイロットの平均年収<航空会社別>

パイロットでも当然、各航空会社によって、その年収は大きく異なります。
主な航空会社の平均年収を比較すると、以下の通り。


             <勤続年数>   <平均年収>
ANA<全日空運輸>    約20年     2000万円前後
JAL<日本航空>     約20年     1800万円前後
スカイマーク        約20年      800万円前後
スカイネットアジア     4〜5年      800万円前後  


航空会社によっては、倍以上違いますね(゜-゜)
副操縦士になれるまでの経緯を考えても、この差はどうなのでしょう…

  

タグ:ANA JAL 平均年収 パイロット 比較 航空会社別 全日空運輸 日本航空 スカイマーク スカイネットアジア 勤続年数 年齢 年収 副操縦士 試験
posted by ピーチ国内線予約1000円セール at 15:54 | Comment(0) | CAやパイロットの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


5846ftyj564231ghv.jpg エアアジア・ジャパン、ジェットスター・ジャパン、ピーチ・アビエーションが国内線を就航開始したLCC各社。 LCCで実際にあったトラブル、他と比較して格安航空会社は割安なのか、逆に高いのか? サービスよりも安さを追求しています(^。^) 日本以外のLCCもたまに。 ただ安いといっても、各社それぞれ特徴が違います。 ビジネスに利用するなら、沖縄旅行なら、小さい子供がいるなど。 事前に関空や成田空港、新千歳空港、那覇空港などでのチェックインカウンターやトイレ、検査場の場所を確認しておいたほうが良いでしょう。 時期や時間帯によっては並びます。 安かろう悪かろう?を払拭したいLCCを否定的にレビューw LCC(格安航空会社)各社それぞれの期間限定セールや、チケット以外の格安情報、機内食一覧メニューを比較、キャビンアテンダントの採用情報や試験対策もときどき書いています☆ LCCをうまく利用して、そのぶん旅行を充実させたり、おいしい料理を食べるのもアリですね(^.^)

LCC(格安航空会社)トピックス
LCCのオプション料金 /エアアジアジャパンとジェットスタージャパンの運賃比較 /LCCピーチ・エアアジアジャパン・ジェットスタージャパン2012お盆の搭乗率 /LCCジェットスタージャパン国内ツアー /日本初?那覇空港LCCターミナル /LCC(格安航空会社)の割高な料金体系
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。